旅づくし
菅沼佐和子 文と写真の修業用ブログ
プロフィール

さわこ

Author:さわこ
SAWAKO
人呼んで「埼玉の女マルコ・ポーロ(笑)」。現在は東京在住です。編集プロダクションで旅行ガイドブックの編集を経験後、バックパッカーとして世界を巡る。これまでに訪れた国は100以上。現在はフリーランスライター&編集者として、再び旅行ガイドブック作成に関わる日々。
旅の素晴らしさ、世界の文化の多様さを、多くの人に伝えたいと願っています。

ウェブサイト:https://sawakon29.wixsite.com/writer
メール:sawakon29@hotmail.com

------------------------
★各記事のコメント欄は閉じてあります。コメントは拍手コメントか、このページの左下のほうにあるリンク先の掲示板でお願いします。
★あと、拍手を下さる方、どうもありがとうございます。とっても嬉しいです!



最近の記事



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山の小さないで湯、湯の峰温泉
古い歴史と伝説に彩られた、静かで素朴な温泉地。
こぢんまりした温泉街は、便利というにはほど遠いが、なぜか居心地がいい。
もちろん、温泉の湯がいいことは言うまでもない。

湯の峰温泉はそんな場所だった。

140901-04.jpg

熊野古道を2日かけて本宮町請川まで歩いた後、バスに乗って進むこと約5km。
途中車内から川湯や渡瀬などの温泉地を眺めつつ、湯の峰にたどり着いた。

川辺から湯気があがり、温泉気分を高めてくれる。
高温の湯がわき出す場所(湯筒)で卵や芋をゆでることができる、典型的な日本の温泉地のようだ。

140901-02.jpg

ただし、街はとても小さく、みやげもの屋もほとんどない。
情緒ある街並みを残そうと頑張っているわけでもないようで、泊まった民宿の趣はとくになかった。
このムリをしていない、それでいながらどこか長い歴史を感じさせる雰囲気、そして温泉&人のよさが、私が湯の峰を気に入った理由だ。

湯の峰温泉の開湯は4世紀ごろ。そのため「日本最古の湯」ともいわれている。
それが本当なら、古墳時代の前期ということになるのだろうか。
日本史のなかでは気の遠くなるような昔だ。
(ちなみに、中国や中近東などの外国へ行くと歴史ははるかに長いので、相対的に紀元後のものは新しく感じられるのだけど)

140901-03.jpg

湯の峰温泉の魅力は、共同浴場。
なかでも世界遺産にもなっている「つぼ湯」は、訪れたらぜひ入っておきたい温泉。
湯船はとても小さく、一度に浸かれるのはせいぜい3人まで。
そのため30分ごとに交代の貸し切り制となっている。
湯船のなかから源泉がわいているので、少したつとすぐ熱くなり水でうめながら入る。
岩をかためただけのような浴槽が原始的で、気分が盛り上がる。

140901-05.jpg

このつぼ湯は、かつて小栗判官なる人物が、重い病を治した湯という伝説が残る場所だ。

600年ほど昔のこと。常陸の国の城主だった小栗判官は国を失い、お国再興のために相模の国に潜伏していた。
そこで照手姫と恋仲になるが、姫が仕えていた横山家は怒り、小栗判官を家来もろとも毒殺しようとする。
ひどい毒におかされながらも、小栗判官は照手姫の助けを得て湯の峰温泉にたどり着き、49日間つぼ湯に浸かった末、病を克服したという。

この話にはさまざまなバージョンがあり、小栗判官と照手姫の愛の物語としても語り継がれてきた。

そして、もうひとつよかったのが共同浴場の「薬湯」(写真なし)。
シンプルな木の浴槽内に湯が流れ込み、白い湯の花が漂う。湯は全く薄めていない源泉100%。
最初ちょっと熱いと思ったが、入ってみるとちょうどいい。
翌朝また入りたいと思うほど、気持ちがよかった。

140901-01.jpg

検索してみると、湯の峰にある旅館のひとつが「日本秘湯を守る会」に所属しているようだ。
もしかすると、私の秘湯コレクションに湯の峰温泉を加えても、許されるのかもしれないな^^

   
スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。