旅づくし
菅沼佐和子 文と写真の修業用ブログ
プロフィール

さわこ

Author:さわこ
SAWAKO
人呼んで「埼玉の女マルコ・ポーロ(笑)」。現在は東京在住です。編集プロダクションで旅行ガイドブックの編集を経験後、バックパッカーとして世界を巡る。これまでに訪れた国は100以上。現在はフリーランスライター&編集者として、再び旅行ガイドブック作成に関わる日々。
旅の素晴らしさ、世界の文化の多様さを、多くの人に伝えたいと願っています。

ウェブサイト:https://sawakon29.wixsite.com/writer
メール:sawakon29@hotmail.com

------------------------
★各記事のコメント欄は閉じてあります。コメントは拍手コメントか、このページの左下のほうにあるリンク先の掲示板でお願いします。
★あと、拍手を下さる方、どうもありがとうございます。とっても嬉しいです!



最近の記事



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

預言カフェに行ってきた
きのう、東京は高田馬場にある預言カフェに行ってきた。訪れるのは2度目。
ここは普通のカフェとは少し違う。利用者にはスタッフが預言をしてくれるという、占い好きの間以外でも有名なカフェだ。

昔ここに来たときは、言われたことがあいまいでよくわからなかった。だけど今回、なぜまたここを訪れる気になったのだろう。

それは去年の秋ごろから、人生このままでいいのだろうか、という気分にとりつかれがちだったためだ。
睡眠時間が急に長くなり、仕事への情熱がうすれてきた。
もうけっこうな年月同じ仕事をし、信頼も得てきたけれど、先は見えない。
マンネリ化してきたのかもしれない。改善されない仕事の環境に、疲れてきたのかもしれない。
もしかすると、何か別のものがほしくなったのかもしれない。そういう節目の年齢なのかもしれない。

仕事が自分の最大の喜びや願いではなくなっている。こんなことは初めてだ。
このままではいけない。フリーランスはもっとガツガツしていなければ。
ただでさえ消極的な私だというのに、このままでは絶対そのうち食べていけなくなる。
そんな自分自身が発する警告を聞きながらも、しかしどうにもできないでいた。

「この状況に対処するすべについて、何かしらのヒントが見つかるかもしれない」
ここまではっきりとは意識していなかったけど、何かを求める気持ちに背中を押されて、私はカフェの扉をくぐった。

平日の14:00ちょっとすぎ。カフェでは大勢の人々が座って待っていたが、幸い30分ちょっとで席に着くことができた。
来ているのはほとんどが女性客だが、男性客の姿もちらほら見える。

カフェの空間は妙に明るく、つるつるした広い床の真ん中に、テーブルといすがちまちまと置かれている。
宗教系のカフェだからか、預言をするからか、どこか普通のカフェとは違うちょっと妙な雰囲気が漂っている。訪れた人々もどこか緊張している。

900円のエチオピアモカを注文し、すすりながら待つこと少々。つえをついたおじさんが、私の向かいの席に座った。この人が預言をするのだ。訓練するとできるようになるのだという。
「録音は何にしましょうか」と聞かれたので、カセットテープ(100円)にしてもらう。おじさんは、早口で一気にしゃべり始めた。

主が言われます。わが愛する娘よ、私はあなたを愛しています。

私はあなたが、これまで誠実に一生懸命いろんなことに向かってきた、その姿を知っています。私はあなたに、これから新しい場所を準備し、そしてあなたが、今までいたところからその新しいところに飛び出していく、そういったことができるようにあなたを支え、力と勇気を与えていく、と主が言われています。

自分が今やっていること、それだけしかやっちゃいけないんじゃないか、とか、これを大切にしなければいけない、と思いすぎて、今の場所から動けない状況から、私は勇気と情熱をもって新しい場所へ向かっていく、その力を与えていくと主が言われています。(以下省略)


・・・前回のあいまいな言葉とは、全く違う預言。
はっきりと、私にこれまでなじみのなかった新しい世界が開けていることを預言している。

近い未来に、私に何が起きるのだろうか。
まったく違う仕事をするようになるのか、またはどこか別の所で暮らすことになったりするのか・・。

変化が起きるかどうか、そしてそれが何かはわからない。わからないから、今をおろそかにすることはできない。
しかしこれが、私が心のどこかで望んでいた答えだったのかもしれない。

太陽が照り付ける屋外へ出た私の気持ちは、非常にすっきりしていた。
   
スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。