旅づくし
菅沼佐和子 文と写真の修業用ブログ
プロフィール

さわこ

Author:さわこ
SAWAKO
人呼んで「埼玉の女マルコ・ポーロ(笑)」。現在は東京在住です。編集プロダクションで旅行ガイドブックの編集を経験後、バックパッカーとして世界を巡る。これまでに訪れた国は100以上。現在はフリーランスライター&編集者として、再び旅行ガイドブック作成に関わる日々。
旅の素晴らしさ、世界の文化の多様さを、多くの人に伝えたいと願っています。

ウェブサイト:https://sawakon29.wixsite.com/writer
メール:sawakon29@hotmail.com

------------------------
★各記事のコメント欄は閉じてあります。コメントは拍手コメントか、このページの左下のほうにあるリンク先の掲示板でお願いします。
★あと、拍手を下さる方、どうもありがとうございます。とっても嬉しいです!



最近の記事



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父と2人でバリ島旅行(2)ウブドで宿探し
航空会社をLCCにしたことを後悔しながらたどり着いたバリ島。
父と私はまず、タクシーを使って山地のリゾートであるウブドに向かった。

ubud1.jpg
ユリアティ・ハウスの部屋入口

それにしても、バリ島屈指の観光地なのに、空港からウブドへの道の細いこと。
通りの両側には緑濃い熱帯の森をバックに民家や店が並び、人々の生活する様子が垣間見られる。中国やマレーシアのようにだだっ広い道路ばかりの国と比べると、車の進みはのろいけれど各段におもしろい。

ただし、運転手がかなり上手な日本語を話すというのは、やっぱり観光地のバリ島ならではだなと思う。

ウブドでは、かつて私が滞在した「プラエティ・ホームステイ」に行こうとした。
朝食のボリュームがたっぷりで、6年前にかなり好印象を受けたからだ。
しかし聞いてみると、以前泊まった2階の部屋は埋まっており、ちょっとせまい1階の部屋しかないという。

ここで、父が意外な一面を見せた。
こうやって現地でホテル探しをするのは初めてだというのに、「もうひとつ見てみようか」と、躊躇していた私を促したのだ。
そして近くの「ユリアティ・ハウス」に決定。ツインの部屋が朝食付きで1泊2名1800円程度だった。

ubud5.jpg
ユリアティ・ハウスの朝食スペース

「こういう宿も気を遣わなくていいね」と父。
私にとってはごく普通の宿だったけれど、そのよさを父が分かるとは意外だった。

案外バックパッカーの素質があるのかもしれないな。

ubud2.jpg
こういう環境だと水の音も美しく聞こえる

豊かな南国の自然に囲まれた、伝統的なバリ風建築の一室。辺りには鳥のさえずりが響きわたり、近くの泉が水の音をたてている。宿とその近所の人々はフレンドリーで、みな穏やかなほほ笑みを絶やさない。

宿で飼われている九官鳥が独り言を言ったり、子供の泣き出す様子を真似て「エーンエンエン」とやりだしたりしている。どこからか花のような芳香が漂ってくる。

ubud3.jpg
朝食スペースの脇には、宿のおじさんが描いたバリ絵画が

光と音、色彩、香りに満ちたウブド。

楽園といわれるバリのイメージそのままの様子に、「やっぱりここはいい所だ」と感動を新たにした。

ubud4.jpg
敷地内で何度か見かけたネコ。すごく細かった
   
スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。