旅づくし
菅沼佐和子 文と写真の修業用ブログ
プロフィール

さわこ

Author:さわこ
SAWAKO
人呼んで「埼玉の女マルコ・ポーロ(笑)」。現在は東京在住です。編集プロダクションで旅行ガイドブックの編集を経験後、バックパッカーとして世界を巡る。これまでに訪れた国は100以上。現在はフリーランスライター&編集者として、再び旅行ガイドブック作成に関わる日々。
旅の素晴らしさ、世界の文化の多様さを、多くの人に伝えたいと願っています。

ウェブサイト:https://sawakon29.wixsite.com/writer
メール:sawakon29@hotmail.com

------------------------
★各記事のコメント欄は閉じてあります。コメントは拍手コメントか、このページの左下のほうにあるリンク先の掲示板でお願いします。
★あと、拍手を下さる方、どうもありがとうございます。とっても嬉しいです!



最近の記事



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱庭のようなかわいい村・オビドス@ポルトガル
リスボンからバスを乗り継いで1時間30分ほど。
ポルトガルの小さな村・オビドスに到着しました。

po01.jpg

ここは城壁にぐるりと囲まれている、箱庭のようなかわいい村。
人口は1000人に満たないそうです。

po02.jpg

石だたみが続く町を歩き始めると、そのかわいらしさにうっとり。
ところどころ空色や黄色のペインティングが施された白壁の家の、窓から植木鉢が下がっています。

po03.jpg

こんなかわいいワンちゃんが迎えてくれたワインショップもありました。

ワインショップの外の壁には、こんなものが。

po04.jpg

これも宣伝の一種?

po05.jpg

ところどころで見かける教会にも、趣深いものがありました。
壁は一面アズレージョ(ポルトガルの青いタイル)で覆われています。

po06.jpg

オビドスのなかでもひときわ高い場所には城が建ち、現在は宿泊施設として利用されています。
高台からの眺め。

po07.jpg

ふと見下ろすと、屋根と石畳の色合いがとってもいい感じ。
歴史ある町だと実感できます。

po08.jpg

2時間ほどしか散策の時間がなかったのですが、本当に素敵な町でした。
またいつかここを訪れるときは、古城ホテルに泊まって1日のんびり過ごしたいものです・・・。
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。