旅づくし
菅沼佐和子 文と写真の修業用ブログ
プロフィール

さわこ

Author:さわこ
SAWAKO
人呼んで「埼玉の女マルコ・ポーロ(笑)」。現在は東京在住です。編集プロダクションで旅行ガイドブックの編集を経験後、バックパッカーとして世界を巡る。これまでに訪れた国は100以上。現在はフリーランスライター&編集者として、再び旅行ガイドブック作成に関わる日々。
旅の素晴らしさ、世界の文化の多様さを、多くの人に伝えたいと願っています。

ウェブサイト:https://sawakon29.wixsite.com/writer
メール:sawakon29@hotmail.com

------------------------
★各記事のコメント欄は閉じてあります。コメントは拍手コメントか、このページの左下のほうにあるリンク先の掲示板でお願いします。
★あと、拍手を下さる方、どうもありがとうございます。とっても嬉しいです!



最近の記事



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近所の太ったニャンコちゃん
家の近くの住宅街に、太ったかわいいネコがいた。
小さな頭と灰色の縞模様の毛、ぽってりしたお腹のころころしたネコ。
いつも同じ場所にいて、道行く人に愛想を振りまいている。
人間にさわられて喜ぶネコは他にいないこともあって、いつもこの地域の人気者だった。

近づいてしゃがむと、そのネコはふわふわした体をすり寄せてくる。
でも皮膚病なのか、両耳の後ろが赤むけていて頭はちょっとなでにくい。
そんなことにはおかまいなしに、頭をこすりつけてきたり、アスファルトの上でひっくり返ったりと、人間がいるとうれしくて仕方がない様子。
とくに寒くて人通りの少ない夜に会うと、振り切って帰るのがかわいそうになるのだった。

ところが、1週間ほど前にバリ島から帰って以来、そのネコを見なくなっていた。
「まさか・・・」何度通ってもいないので、悪い想像が頭をよぎった。
野良ネコの命なんて、ちょっとしたことがあると簡単にこの世から消えてしまうものだろう。
どこを見てもアスファルトだらけの東京の町だけど、野生は野生。何が命とりになるか分からない。

そんな悪い想像がどんどんふくらんでいた今日、いつもの道を通りかかったら、なんとそのネコが道路わきに丸くちょこんと座っていた。

元気だったのだ・・・。思わず安堵の笑みが漏れた。

そんな私の心配は知らぬ様子で、ゴロゴロと転がって喜びを表すネコ。しばらくお腹をなでていたら、どのネコでもあるように突然引っかこうとしてきた。ぱっと手を引っ込めて防ぐ私。

「もう」と言って立ち上がり、すたすたと歩き出したけれど、やっぱり元気だったことが嬉しくて、自然に頬がゆるむのだった。
   
スポンサーサイト
ただ今、おトイレ中
両親と一緒に静岡の田舎に来ていたうちのネコ・チロルと、ほぼ2ヵ月ぶりの再会。

toiletchirol.jpg

チロルはなぜかトイレのふちの、不安定な場所に器用に上っておしっこをする。
その様子が面白いので激写。

それにしても、どうしてそんなにこっちをにらむんだろう・・。
お、怒ってる?


toiletchirol1.jpg

こちらは甘えているときのチロル。トロトロに溶けそうです。
   




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。