旅づくし
菅沼佐和子 文と写真の修業用ブログ
プロフィール

さわこ

Author:さわこ
SAWAKO
人呼んで「埼玉の女マルコ・ポーロ(笑)」。現在は東京在住です。編集プロダクションで旅行ガイドブックの編集を経験後、バックパッカーとして世界を巡る。これまでに訪れた国は100以上。現在はフリーランスライター&編集者として、再び旅行ガイドブック作成に関わる日々。
旅の素晴らしさ、世界の文化の多様さを、多くの人に伝えたいと願っています。

ウェブサイト:https://sawakon29.wixsite.com/writer
メール:sawakon29@hotmail.com

------------------------
★各記事のコメント欄は閉じてあります。コメントは拍手コメントか、このページの左下のほうにあるリンク先の掲示板でお願いします。
★あと、拍手を下さる方、どうもありがとうございます。とっても嬉しいです!



最近の記事



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球の走り方 「旅ラン」のススメ!
hasirikata2011.jpg

2011年9月16日、『地球の走り方』が発売されました。
去年の秋に続く2号目です。

この本のテーマは旅とランニング。
世界各地の魅力的なマラソン大会を特集し、かつ各国のおすすめのランニングコースを掲載しています。

私は2月に香港の大会に参加してハーフを走り、執筆させていただきました。

香港国際マラソンの魅力は、普段は人が立ち入れない高速道路や、半島と島をつなぐ巨大な橋、そして全長2kmの海底トンネルを走ること。
大会前後の食事やショッピング、マッサージ、夜景など、短時間でも充実したマラソン旅行ができます。
(なんか政観の回し者みたいな文だけど・・汗)

うまく飛行機が取れれば、土曜に着いて17:00までに会場でゼッケンを受け取り、翌日の午前中走って午後は帰国という弾丸ツアーもたぶん可能。会社を休まなくてもなんとか参加できるかも。

あとは、ヴィクトリア湾沿いを走る気持ちのいいランニングコースと、香港島の景色のいいトレイルランニングコースを紹介してます。

ほかには東京マラソンの外国人インタビューを担当してます。
本屋さんで見かけたら、ぜひ手に取ってみてくださいね。

来年は第3弾が出るとのことで、私も来月末にスイスのマラソン大会に出場することになりました。
時間がないけど、頑張って走りの練習をしなくては。
   
スポンサーサイト
香港で買ってきたもの
今年2月、マラソン大会取材のために訪れた香港で買ってきたものたち・・。

hongkong06.jpg

ペニンシュラホテルの中のショッピングアーケードに入っている、tangsというお店の印鑑。
色とりどりの貴石が並ぶショップ内は、地味なイメージのある印鑑店とは異なる華やかな雰囲気だった。
香港でお世話になったコーディネーターさんの友人が経営しているということで、格安にしてもらえた。やったー!

hongkong09.jpg

数ある印鑑のなかから、中華圏らしい飾りのついたこれを選択。
外箱と朱肉だけを持ち帰り、縁起のいい書体で名前を彫り付けてもらった印鑑は、10日ほど後に日本に届いた。


このほか、スーパーで買ってきたおみやげのなかで、アタリだったのがこれ。

hongkong04.jpg

左側の「貴州豆鼓辛椒醤」。だいぶ減ってますけど^^
日本でも購入できる調味料、豆鼓(トウチ)の貴州省バージョンだ。
名前からも分かるとおり、唐辛子もたっぷり入っていて辛いけれど、炒め物に入れるとコクがでてとってもおいしい。

なお、右側のXO醤は、人にあげる用なので味は分からず。こちらも同じスーパーで購入。

XO醤は、香港のペニンシュラホテル発祥だという。
会社の社長の奥さんに頼まれて、ペニンシュラでXO醤を購入したけれど、1ビンで3000円以上もする高級なものだった。
スーパーなら一番高いものでも300円しないというのに。味がどれだけ違うのか興味がわくところだ。

hongkong07.jpg

今日の夕ご飯は、豆鼓を使ったチャーハン。
コクのある辛さがビールに合う。レタスとアスパラの食感もよくておいしかった!

hongkong05.jpg

上のチャーハンにはちょっとだけこのオイスターソースも入れてみた。
レトロなパッケージがかわいいでしょ?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。