旅づくし
菅沼佐和子 文と写真の修業用ブログ
プロフィール

さわこ

Author:さわこ
SAWAKO
人呼んで「埼玉の女マルコ・ポーロ(笑)」。現在は東京在住です。編集プロダクションで旅行ガイドブックの編集を経験後、バックパッカーとして世界を巡る。これまでに訪れた国は100以上。現在はフリーランスライター&編集者として、再び旅行ガイドブック作成に関わる日々。
旅の素晴らしさ、世界の文化の多様さを、多くの人に伝えたいと願っています。

メール:sawakon29@hotmail.com
------------------------
★各記事のコメント欄は閉じてあります。コメントは拍手コメントか、このページの左下のほうにあるリンク先の掲示板でお願いします。
★あと、拍手を下さる方、どうもありがとうございます。とっても嬉しいです!



最近の記事



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とんがり屋根のかわいい家 アルベロベッロ
すいません、最近ある目的があって、ブログの雰囲気が以前と違ってきてますが、お許しを。ホームページなどに書いたことのある記事も、多少ダブっていることもあります。
あと、拍手はとっても嬉しいです。クリックしてくださった方、どうもありがとうございました。

Italy01.jpg

イタリア南部の町・アルベロベッロは、小さいながらも世界遺産に登録されています。

なぜなら、つくつくとんがった屋根をもつ不思議な民家がたくさんあるため。

今回2度目のイタリアでは、ぜひともこの家(トゥルッリ)を見たいと思い、南イタリアのバーリという町を基点にアルベロベッロを訪れました。

Italy02.jpg

アルベロベッロの町並み。ちょうど逆光で残念でしたが、とんがった民家の群れに感激です。

Italy03.jpg

この教会もとんがっています。中は資料館になっていて、こういう家での暮らしが分かるようなささやかな展示がされています。

そもそもここでは、なぜこういう家がつくられるようになったのでしょうか?
その理由は定かでないのですが、かつては税金が家屋ごとに課せられたので、
「屋根をはずして税金の取立てから逃れるためだった」
という説が有力なのだとか。

Italy04.jpg

このエリアはかなり観光地化されていて、トゥルッリは多いのですが、どれもみやげもの屋になっていました。
トゥルッリのホテルもあったので、泊まっても素敵な時が過ごせるはずです。

Italy05.jpg

だんだん田舎に来ました。トゥルッリも素朴な感じになっていきます。

Italy06.jpg

私が一番気に入ったトゥルッリはこれ。普通の民家で、塀の向こうに隠れてしまい、背伸びをしないと見えないのですが、そのいかにも「フツーに暮らしている」感がよかったです。

Italy07.jpg

おみやげには、こんなトゥルッリをどうぞ・・・。
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。